みんなにお手紙書きましょう

King & Princeのデビュー発表から124日が経った。
約4ヶ月。もうそんなに経ったのかという気もするし、まだそれだけしか経ってないのかという気もする。



6人はこの4ヶ月の間に確実に前に前に進んでいて、たくさんの特集を組まれ、あらゆる雑誌で表紙を飾り、ゴールデンの地上波にも出演した。




明日はついに店舗にシンデレラガールが届くだろう。


Princeに出会ってからこの日をずっとずっと夢見ていた。




みんなの歌声を綺麗な音源で聴ける日を。
6人のジャケット写真に包まれたみんなの人生で一度きりの「デビューシングル」


みんなはどんな気持ちで今日を過ごしているんだろう
わくわくしてるかな、ドキドキしてるかな。岸くん気合入れて美容院行っちゃったりしてる?





ちょっと前の自分はJrどころかジャニーズも知らなくて。好きなタレントを「担当」と呼ぶことも、「デビューすること」の大きさも尊さもわからなかった。

ひとりのアイドルのアイドル人生の一端を担うこと。たった一人のファンが人生を担うだなんて大げさなのかもしれないけど、岸くんは「6人で人生を預け合ってる」と人生を懸けてKing & Princeでいてくれるから。全力で応えたいって思う。

デビューすることの尊さと共に、嬉しいだけじゃないんだと知った。ジャニーズに触れ始め、Jrの存在を知った頃は該当担であればデビュー!嬉しい!おめでとう!そう思うものだと思っていた。でもそんな簡単なことじゃなくて。
きっと経験しなければ理解できないいろんな感情がある。



それぞれのファンがいろんな気持ちを胸に5/23を迎えるだろう。



純粋に嬉しいおめでとう!と迎えるファンも、少しの寂しさと切なさを抱えながらこれからの未来への希望を持って迎えるファンも。

振り返っても良いし、まだ受け入れられなくても良いと思う。「好き」が形を変えてしまうことはそんな簡単に受け入れられることじゃないから。ただ、好きなのに離れてしまうのは悲しい。「好きを守るために逃げてもいい。」って大好きな人が言ってくれた言葉なんですけどその通りだなと思う。



「キミが思うよりボクはキミを想ってる」



そんなふうに言ってくれるんだから、いつかは「キミはボクが思うよりも、ねぇ、ボクを想うのかな?」に笑顔で応えられる日がくると思う。きっと。



楽しくて嬉しくて少し寂しくて追い切れないほどのみんなの情報に溢れる毎日を「デビューするんだなぁ…」と日々思わせてくれる今を。Jr担として過ごした少しの時間を。振り返ったときにめちゃくちゃポエマーやん(笑)って恥ずかしい気持ちになるだろうなと思いながらひとりでみんなにお手紙書きましょう。します。





Mr.KING

いつも先頭を走ってくれてありがとう。大変だった?そう聞いたらみんなは素直に大変だったわ!!!マジで!って言いそうだな(笑)そういう等身大の男の子なみんなが好きだよ。「大変だったよね」ってこんな言葉簡単にかけられることじゃないのはわかってるんだけど。本当に本当にありがとう。自分たちより先輩もたくさんいて、KINGなら出来て当たり前だと思われることも多かっただろうし、どれだけ責任のあることを任されてもJrであることに変わりはなくて歯痒かっただろうなと思う。彼らの努力も知らずに「ゴリ押し」なんて言われてるのを見たりもした。その度に切なかった。「推されている」ことが事実だとしてもその重圧と反感を感じさせずに最前線に立ち続けるみんなをそんな言葉で片付けないでほしくて。でもそんな心配いらないくらいキラキラしていて、わたしのなかでMr.KINGはいつも「強かった」んだ。先頭で常に向かい風を浴びてきたであろうみんなの経験は本当に心強いです。ここまで頑張ってきてくれてありがとう。



かいちゃんの人懐こさと人を笑顔にしてくれる力。いつも笑顔でいることは言葉で言うのは簡単だけど簡単に出来ることじゃないよ。本当にひまわりみたいなかいちゃんが見せる大人の表情に毎回びっくりしてドキッとして。ふわふわかわいいみんなの弟かいちゃんがパフォーマンスになると別人のようになるスイッチにゾクッとする。そんなかいちゃんがまだ19歳だと思うとこれからが楽しみで仕方ないてす。きっとKing & Princeの秘密兵器であり起爆剤になるんじゃないかなって思う。


れんれんのどんな場面でも物怖じせずに発言してくれるところ、みんなの意見を上手に集めてまとめてくれるところ。ツッコミ方が優しいところ。ボケ担当が多くて独特の世界観を持つメンバーばかりだからこれから大変だと思うけど、れんれんもたまにはボケてみてほしいなあ。きっと面白いケミストリーが起きるのではないかと思う。あとちょっと不憫なところと興奮すると巻舌になるところ可愛くて好きだよ。れんれんの誰もがかっこいいと言うようなイマドキなお顔と、ソフトな関西弁。綺麗に上がった口角から放たれる甘い歌声はきっと新しいファンを掴むだろうしれんれんのトーク力は絶対にこれからのKing & Princeの武器になる。


紫耀くんの頭の良さ、大事なところで絶対に決めてくれる安心感。前に出るだけじゃなくて見守ることも出来る視野の広さ。バラエティに出れば確実に爪痕を残してくれて誰もが認める「King & Princeの顔」。誰よりも楽しんでいてもどこかいつも冷静さを兼ね備えているところ。紫耀くんは動と静、温と冷、真逆の感情を同時に持ち合わせることができる人だと思うしそれはグループを大きくするのに強みになるんじゃないかなと思う。紫耀くんが動いてくれたから生まれたこのグループを彼本人が世に広めていることが、やっぱり平野紫耀はすごいなと思わせる。どう表現していいかわからないけど根拠の無い安心感を紫耀くんには持ってしまう。



Princeへ

Princeを諦めずにいてくれてありがとう。こんなにも幸せを願い、笑顔を願ったのは初めてでした。いつもファンが思う以上の嬉しい楽しい幸せをくれるPrinceが大好きで、Prince担を名乗ることが誇らしくてPrincessと呼んでもらえることが擽ったくも幸せで心がふわっと優しくなるようなそんな存在でした。みんなに出会えたから毎日楽しくて今日も頑張ろうと思える日がたくさんあったよ。みんながみんなを大好きなこと、いつもPrincessを大切にしてくれること、ファンがその愛に応えようとするところ。わたしはPrinceと同じくらいPrince担も好きで、PrinceとPrincessの関係が本当に本当に大好きで、彼らを取り巻く全てが愛おしい。それはみんなが愛に溢れた人たちだからなんだと思う。これからもずっと特別で、大好きで、だからたまに思い出して寂しくなっちゃうこともあるかもしれない。そんなときは「今の俺たち最高だろ!こっちおいで!」って大好きなキラッキラな笑顔で呼んでほしい。みんなが進む先を信じるから。ここまで頑張ってきてくれてありがとう。


神宮寺くんはいつもその場にいるファンも来れなかったファンも絶対に置き去りにしない。神宮寺くんの一言に救われたファンはたくさんいると思う。みんなが緊張してるなぁとわかる場面でも「俺見てよ!かっこいいでしょ?」って余裕で全力アイドルを貫くところ。それはきっとジャニーズで生き抜く術を模索して悩んで、真剣にアイドルと向き合ってきた神宮寺くんだからこそなせる技だろうと思う。れんれんがMC役に回るとボケ倒す神宮寺くんもファンがそれを待ってるのわかってるんだろうな。そのニーズを的確に捉える力は演出にも生かされてきっとなくてはならない存在になると思う。


岩橋くんの「可愛いを貫く」と腹を括っている強さが彼を輝かせるひとつなんだろうと思う。ただ可愛いだけじゃない、かっこいいだけじゃない「可愛い俺のかっこいいところ」を待ってるみんなの為にいつも可愛くいる強さ。それが最高にかっこいいなって思う。バラエティにどんどん切り込んでいくところも野球という特技を武器にのし上がろうとするところも可愛い見た目のなかに秘められた闘志がいつだってメラメラ燃えている。そんな岩橋くんはきっと新しい「ジャニーズタレント」の先駆者になる。


岸くんは努力の天才で、全身全霊で歌い踊る姿は見る度に進化していて、そんな常に上を目指す姿勢。現状維持で満足しないところを人として尊敬している。話し始めると笑っちゃうような爆弾を投下することもあるけどそれが愛しくて。ステージに立てば一目で岸くんだとわかる存在感となによりも楽しそうな笑顔。自分で引き立て役ですって言っちゃう謙虚な岸くんは全然引き立て役なんかじゃないし、いつも最高にかっこよくて可愛くて輝いてる。岸くんだからリーダーに選ばれて、岸くんじゃなきゃダメだったんだよ。誰かの発言にふわっと優しい相槌を打つのも、自分より人のことを優先しがちなところも大好きで。そんな優しさに溢れてる岸くんが本当は誰よりも現実を見ていてKing & Princeに人生を懸けてるんじゃないかなと思う。グループを「6人で人生を預け合ってる」そんなふうに表現する岸くんがリーダーで、そう言えるグループならきっとこれからどんどん大きくなっていく。岸くんがドラマの主役を張り、番宣でバラエティに出て世間に見つかるのも、演技を見てこの子ジャニーズなの!?ってびっくりする日ももうすぐそこだ。





King & Princeへ


King & Princeっていうストレートなグループ名がこんなにも似合うみんなが本当にキラキラしていて眩しい。「目標は世界」だからどこに行ってもわかる素敵なグループ名をもらったよね。王様と王子様が手を取り合って夢を掴むシンデレラストーリーなんてきっとこれから出てこないと思う。


漫画よりも漫画みたいな6人がいちばん逃げ道のない「王道」を選んだことが誇らしくかっこよくてこれからのジャニーズを背負うであろうその背中がとても逞しく見える。


「ここまで頑張ってきてくれてありがとう」っていつも思うし、これからも何度だって思う。でもそれはゴールじゃなくてスタートでこれから訪れるみんなの輝かしい未来をファンとして見続けていきたい。


恋の魔法には期限があるからもしかしたらKing & Princeから離れる日が来るかもしれない。そんな日は想像も出来ないけど、宝石みたいに大切な今の気持ちがガラス玉になってしまっても、きっとそれが宝物であることに変わりはなくて。「ボクはまたキミに恋するんだろう」それはこちら側の台詞なんだよって思うのです。きっと何度でもKing & Princeを好きになる。


だからいつになっても幾つになってもKing & Princeでいてください。わたしが見た夢はみんなが同じ未来を歩むこと。魔法は使えないけど、これから何度だって会いに行ける。それはみんなのおかげです。みんなのことをこれからも応援させてください。6人は最強で最高の才能の集まりで最速で最新の最前線を駆け抜ける力を持ってるし、みんなが描いた未来はきっと最高の景色だと信じてる。



King & Prince デビューおめでとう!大好きだよ!