みんなにお手紙書きましょう

King & Princeのデビュー発表から124日が経った。
約4ヶ月。もうそんなに経ったのかという気もするし、まだそれだけしか経ってないのかという気もする。



6人はこの4ヶ月の間に確実に前に前に進んでいて、たくさんの特集を組まれ、あらゆる雑誌で表紙を飾り、ゴールデンの地上波にも出演した。




明日はついに店舗にシンデレラガールが届くだろう。


Princeに出会ってからこの日をずっとずっと夢見ていた。




みんなの歌声を綺麗な音源で聴ける日を。
6人のジャケット写真に包まれたみんなの人生で一度きりの「デビューシングル」


みんなはどんな気持ちで今日を過ごしているんだろう
わくわくしてるかな、ドキドキしてるかな。岸くん気合入れて美容院行っちゃったりしてる?





ちょっと前の自分はJrどころかジャニーズも知らなくて。好きなタレントを「担当」と呼ぶことも、「デビューすること」の大きさも尊さもわからなかった。

ひとりのアイドルのアイドル人生の一端を担うこと。たった一人のファンが人生を担うだなんて大げさなのかもしれないけど、岸くんは「6人で人生を預け合ってる」と人生を懸けてKing & Princeでいてくれるから。全力で応えたいって思う。

デビューすることの尊さと共に、嬉しいだけじゃないんだと知った。ジャニーズに触れ始め、Jrの存在を知った頃は該当担であればデビュー!嬉しい!おめでとう!そう思うものだと思っていた。でもそんな簡単なことじゃなくて。
きっと経験しなければ理解できないいろんな感情がある。



それぞれのファンがいろんな気持ちを胸に5/23を迎えるだろう。



純粋に嬉しいおめでとう!と迎えるファンも、少しの寂しさと切なさを抱えながらこれからの未来への希望を持って迎えるファンも。

振り返っても良いし、まだ受け入れられなくても良いと思う。「好き」が形を変えてしまうことはそんな簡単に受け入れられることじゃないから。ただ、好きなのに離れてしまうのは悲しい。「好きを守るために逃げてもいい。」って大好きな人が言ってくれた言葉なんですけどその通りだなと思う。



「キミが思うよりボクはキミを想ってる」



そんなふうに言ってくれるんだから、いつかは「キミはボクが思うよりも、ねぇ、ボクを想うのかな?」に笑顔で応えられる日がくると思う。きっと。



楽しくて嬉しくて少し寂しくて追い切れないほどのみんなの情報に溢れる毎日を「デビューするんだなぁ…」と日々思わせてくれる今を。Jr担として過ごした少しの時間を。振り返ったときにめちゃくちゃポエマーやん(笑)って恥ずかしい気持ちになるだろうなと思いながらひとりでみんなにお手紙書きましょう。します。





Mr.KING

いつも先頭を走ってくれてありがとう。大変だった?そう聞いたらみんなは素直に大変だったわ!!!マジで!って言いそうだな(笑)そういう等身大の男の子なみんなが好きだよ。「大変だったよね」ってこんな言葉簡単にかけられることじゃないのはわかってるんだけど。本当に本当にありがとう。自分たちより先輩もたくさんいて、KINGなら出来て当たり前だと思われることも多かっただろうし、どれだけ責任のあることを任されてもJrであることに変わりはなくて歯痒かっただろうなと思う。彼らの努力も知らずに「ゴリ押し」なんて言われてるのを見たりもした。その度に切なかった。「推されている」ことが事実だとしてもその重圧と反感を感じさせずに最前線に立ち続けるみんなをそんな言葉で片付けないでほしくて。でもそんな心配いらないくらいキラキラしていて、わたしのなかでMr.KINGはいつも「強かった」んだ。先頭で常に向かい風を浴びてきたであろうみんなの経験は本当に心強いです。ここまで頑張ってきてくれてありがとう。



かいちゃんの人懐こさと人を笑顔にしてくれる力。いつも笑顔でいることは言葉で言うのは簡単だけど簡単に出来ることじゃないよ。本当にひまわりみたいなかいちゃんが見せる大人の表情に毎回びっくりしてドキッとして。ふわふわかわいいみんなの弟かいちゃんがパフォーマンスになると別人のようになるスイッチにゾクッとする。そんなかいちゃんがまだ19歳だと思うとこれからが楽しみで仕方ないてす。きっとKing & Princeの秘密兵器であり起爆剤になるんじゃないかなって思う。


れんれんのどんな場面でも物怖じせずに発言してくれるところ、みんなの意見を上手に集めてまとめてくれるところ。ツッコミ方が優しいところ。ボケ担当が多くて独特の世界観を持つメンバーばかりだからこれから大変だと思うけど、れんれんもたまにはボケてみてほしいなあ。きっと面白いケミストリーが起きるのではないかと思う。あとちょっと不憫なところと興奮すると巻舌になるところ可愛くて好きだよ。れんれんの誰もがかっこいいと言うようなイマドキなお顔と、ソフトな関西弁。綺麗に上がった口角から放たれる甘い歌声はきっと新しいファンを掴むだろうしれんれんのトーク力は絶対にこれからのKing & Princeの武器になる。


紫耀くんの頭の良さ、大事なところで絶対に決めてくれる安心感。前に出るだけじゃなくて見守ることも出来る視野の広さ。バラエティに出れば確実に爪痕を残してくれて誰もが認める「King & Princeの顔」。誰よりも楽しんでいてもどこかいつも冷静さを兼ね備えているところ。紫耀くんは動と静、温と冷、真逆の感情を同時に持ち合わせることができる人だと思うしそれはグループを大きくするのに強みになるんじゃないかなと思う。紫耀くんが動いてくれたから生まれたこのグループを彼本人が世に広めていることが、やっぱり平野紫耀はすごいなと思わせる。どう表現していいかわからないけど根拠の無い安心感を紫耀くんには持ってしまう。



Princeへ

Princeを諦めずにいてくれてありがとう。こんなにも幸せを願い、笑顔を願ったのは初めてでした。いつもファンが思う以上の嬉しい楽しい幸せをくれるPrinceが大好きで、Prince担を名乗ることが誇らしくてPrincessと呼んでもらえることが擽ったくも幸せで心がふわっと優しくなるようなそんな存在でした。みんなに出会えたから毎日楽しくて今日も頑張ろうと思える日がたくさんあったよ。みんながみんなを大好きなこと、いつもPrincessを大切にしてくれること、ファンがその愛に応えようとするところ。わたしはPrinceと同じくらいPrince担も好きで、PrinceとPrincessの関係が本当に本当に大好きで、彼らを取り巻く全てが愛おしい。それはみんなが愛に溢れた人たちだからなんだと思う。これからもずっと特別で、大好きで、だからたまに思い出して寂しくなっちゃうこともあるかもしれない。そんなときは「今の俺たち最高だろ!こっちおいで!」って大好きなキラッキラな笑顔で呼んでほしい。みんなが進む先を信じるから。ここまで頑張ってきてくれてありがとう。


神宮寺くんはいつもその場にいるファンも来れなかったファンも絶対に置き去りにしない。神宮寺くんの一言に救われたファンはたくさんいると思う。みんなが緊張してるなぁとわかる場面でも「俺見てよ!かっこいいでしょ?」って余裕で全力アイドルを貫くところ。それはきっとジャニーズで生き抜く術を模索して悩んで、真剣にアイドルと向き合ってきた神宮寺くんだからこそなせる技だろうと思う。れんれんがMC役に回るとボケ倒す神宮寺くんもファンがそれを待ってるのわかってるんだろうな。そのニーズを的確に捉える力は演出にも生かされてきっとなくてはならない存在になると思う。


岩橋くんの「可愛いを貫く」と腹を括っている強さが彼を輝かせるひとつなんだろうと思う。ただ可愛いだけじゃない、かっこいいだけじゃない「可愛い俺のかっこいいところ」を待ってるみんなの為にいつも可愛くいる強さ。それが最高にかっこいいなって思う。バラエティにどんどん切り込んでいくところも野球という特技を武器にのし上がろうとするところも可愛い見た目のなかに秘められた闘志がいつだってメラメラ燃えている。そんな岩橋くんはきっと新しい「ジャニーズタレント」の先駆者になる。


岸くんは努力の天才で、全身全霊で歌い踊る姿は見る度に進化していて、そんな常に上を目指す姿勢。現状維持で満足しないところを人として尊敬している。話し始めると笑っちゃうような爆弾を投下することもあるけどそれが愛しくて。ステージに立てば一目で岸くんだとわかる存在感となによりも楽しそうな笑顔。自分で引き立て役ですって言っちゃう謙虚な岸くんは全然引き立て役なんかじゃないし、いつも最高にかっこよくて可愛くて輝いてる。岸くんだからリーダーに選ばれて、岸くんじゃなきゃダメだったんだよ。誰かの発言にふわっと優しい相槌を打つのも、自分より人のことを優先しがちなところも大好きで。そんな優しさに溢れてる岸くんが本当は誰よりも現実を見ていてKing & Princeに人生を懸けてるんじゃないかなと思う。グループを「6人で人生を預け合ってる」そんなふうに表現する岸くんがリーダーで、そう言えるグループならきっとこれからどんどん大きくなっていく。岸くんがドラマの主役を張り、番宣でバラエティに出て世間に見つかるのも、演技を見てこの子ジャニーズなの!?ってびっくりする日ももうすぐそこだ。





King & Princeへ


King & Princeっていうストレートなグループ名がこんなにも似合うみんなが本当にキラキラしていて眩しい。「目標は世界」だからどこに行ってもわかる素敵なグループ名をもらったよね。王様と王子様が手を取り合って夢を掴むシンデレラストーリーなんてきっとこれから出てこないと思う。


漫画よりも漫画みたいな6人がいちばん逃げ道のない「王道」を選んだことが誇らしくかっこよくてこれからのジャニーズを背負うであろうその背中がとても逞しく見える。


「ここまで頑張ってきてくれてありがとう」っていつも思うし、これからも何度だって思う。でもそれはゴールじゃなくてスタートでこれから訪れるみんなの輝かしい未来をファンとして見続けていきたい。


恋の魔法には期限があるからもしかしたらKing & Princeから離れる日が来るかもしれない。そんな日は想像も出来ないけど、宝石みたいに大切な今の気持ちがガラス玉になってしまっても、きっとそれが宝物であることに変わりはなくて。「ボクはまたキミに恋するんだろう」それはこちら側の台詞なんだよって思うのです。きっと何度でもKing & Princeを好きになる。


だからいつになっても幾つになってもKing & Princeでいてください。わたしが見た夢はみんなが同じ未来を歩むこと。魔法は使えないけど、これから何度だって会いに行ける。それはみんなのおかげです。みんなのことをこれからも応援させてください。6人は最強で最高の才能の集まりで最速で最新の最前線を駆け抜ける力を持ってるし、みんなが描いた未来はきっと最高の景色だと信じてる。



King & Prince デビューおめでとう!大好きだよ!

もみ消せず恋〜掛け持ち問題無かったことにできなくて〜

インスタの投稿が可愛らしいラッピングのチョコレートと共に#ハッピーバレンタイン♡で溢れるちょうど一ヶ月前の2月14日水曜日。
みんなが大切な人に好きだって伝える日。
そんな日にわたしは好きが溢れてしまった人に思いを込めてPay-easyをした。




前回のエントリーの通り、わたしは岸くんのことが大好きで大切で本当に尊敬している担当で、岸担になってから降りようと思ったこともないし辛かったこともない。
強いて言うなら好きになりすぎてしんどいことはある。
岸くんのことを好きになってから自分の人生こんなに楽しかったんだ!?ってびっくりするくらい明るくなったし毎日楽しくて、何度も言うけれど岸くんのおかげで出会えたお友達はオタクになっていなければまず出会っていない人達だから岸くんには感謝しかない。



これから先、気持ちが変わることはあるかもしれない。
「絶対」なんて存在しないと思うから。でも、岸くんのことはずっと好きでいたい。わたしは「好きでいたい」は好きの最上級だと思っている。
ものすごく自分勝手な感情でワガママでなんだそれって思われるかもしれないけれど、無くしたくない気持ち、手離したくない気持ち、そんなふうに思えるくらい好きになれたこと。これから生きていく上であと何回そんな気持ちを手にすることが出来るだろうって思うから。もう無いかもしれない。岸くんへの好きの気持ちは冷凍保存しておきたいようなそんな気持ちなのだ。






掛け持ちとか自担とか別に第三者からしたら「ふーん、で?」って感じだと思うけど、個人的に結構悩むところであったりして。わざわざ言う必要もなければ明確にする必要もなくて、言うからこそ悩むことでもあるんだけれども自担という文化の存在する世界に生きてる以上、好きが大きくなれば「わたしは〇〇くんの担当です」と名乗りたい気持ちが生まれてくるものなのかな、と思った。

そんな担当ですと名乗りたいと思った気持ちを残したくて文字を打っている。





率直にほんっっっっっっとうに悩んだ。
自分の性格上掛け持ちなんて出来るのかわからなかったし、前述したように岸くんへの気持ちが無くなってしまうんじゃないかって。そうなったら仕方ない、それまでだろと思われるかもしれないけれど、ワガママだから岸くんから離れたくなかった。なんと言われようと離れたくなかった!!!(うるさい)






この気持ちをどうしたらいいものかと悩み続けていたところ、某デビュー組との掛け持ち岩橋くん担に悩んでるならいったほうがいい!沼落ちしとけばよかったって思っても遅いんだよ!という言葉をいただき、お互いに掛け持ちの楽しさとしんどさを語り合ったりなどして背中を押してもらい無事にズドン。ありがとう大好き。





掛け持ちって100の好きを50と50にわけているものだと思っていたけど実際は全然違って、全く異質の気持ちをそれぞれ100で向けているから今まで常に100%だった好きの感情が200%になるような感じで、しんどいも2倍になるけど好きも幸せも2倍になると知った。






色々と頭で考えてやめたほうがいい、そんな器用じゃないだろって言い聞かせていたけど自分が好きを止められない人間だってことを自分自身がいちばんよくわかっていた。





「好きから逃げない」





なんっってタイムリーなセリフを言ってくれよう…
逃げるわけにはいかなくなってしまった。そもそも頭で考えるタイプじゃなかった。本能のままに生きてきたし、直感とフィーリングがなにより決め手の人生だったことを思い出した。
認めたらもうそれはそれは坂道を転げ落ちるように毎分毎秒好きが加速している。毎日テレビと雑誌の情報を追うだけで四苦八苦している今の状況、このタイミングで好きになれてよかった、意地を張ってこのビッグウェーブを逃さなくてよかったと心から思う。

テレビをつければ毎日のように出ているし、雑誌を開けば載っていて、サブリミナル効果は抜群に効いている。

誰に落ちたかって小瀧くんなんだけど、いま小瀧担になりましたって言ったら永遠の新規だよ!!!って言われそうなぐらい勢いがすごいからその波に乗れてよかったな〜なんて思いながら必死で情報を追いかける日々だ。







小瀧くんについては度々ツイートしている自覚はあったけど自分で思っていたよりも呟いていた。その度にダイマしてくれる西の岸担がいて、そのおかげもあるななんて思ってるので次の現場は是非連番したい(笑)







顔が好きって本当に最強で、なにをしても可愛くてかっこよくて一挙手一投足がトキメキしか生まない。それは岸くんも然り。

「顔が好き」から始まったけど知れば知るほどドツボでこんっっなにタイプのひといたのか……っていう衝撃の連続で気づけば抜け出せなくなっていた。なにもしなくても好きなのにキャラまでどタイプだったという落雷。








自覚はあるのだが王道キラキラ王子様系にめっぽう弱い。だからこのタイミングで小瀧担になったのは我ながら納得というか。もっと早くに落ちていたらWESTival入れたかもなぁとかプリンシパルの撮影を頑張っている小瀧くんをリアルタイムで追えたのになぁとか思うけど、恋はタイミングと言うようにいつ落ちるかもタイミングで、それが今だったんだろうなと思う。何度も何度も落ちかけていたけど決め手がなくて、ここにきて最後の一手になったのはやっぱりプリンシパルだったから。







新しいグループに担当を持つって社会人一年目をもう一度やり直すみたいな感覚だし、WESTのデビューの経緯だったりこれまでのことも全然知らないからそれも含めて小瀧担になりましたって言うのをためらっていたけど好きなもんは好きなんだよな〜!!!!!!小瀧くんがめちゃくちゃに好きだけどそうなるとWESTのことも知りたくなって、WESTも好きになってっていうところで今、本当に楽しい。




無い頭を使ってもう本当に熱出るんじゃないかってくらい考え抜いた末に掛け持つことを決めたから後悔はしてないし毎日好きが溢れていて毎日がEveryday!って感じです。






三年前の自分にジャニオタになってるよって言ったら「マジかワロタwww」って言われると思うけど、Jr担になってデビュー見届けるんだよって言ったらたぶん「Jr!?!?嘘だろ!?!?」って言うと思う。
だけど、三年前の自分に小瀧担になったよって言ったら「あ〜だろうな」って言うかもしれない。
だって小瀧くん好きって言うと百発百中好きそうって言われる。







そんな流れでド新規ながら「自担の初主演映画」という気持ちでプリンシパルするヒロインですか?~を見させていただいた。








改めて、小瀧くん初主演映画おめでとうございます。
原作者の先生に「弦になってくれてありがとう」と言わしめた小瀧くんの初主演。本当に少女漫画の世界の人みたいにかっこよくてキラキラしていて、これが小瀧望なんだって感動しました。感想言いたいけどまだこれから見る人もいるかもしれないからやめておきます。是非見てほしい。
みきもと先生が岸くんの奏多を「岸くんが演じる奏多推しです!」と言ってくださったように小瀧くんが演じる舘林弦は小瀧くんが何度も何度も原作を読み込んで努力を重ねた結果出来上がった舘林弦だったと思う。

映画を見る前に原作を読んだけど原作へのリスペクトを感じたし、原作以上にかっこよかったよ!!!!!!







山田くんに憧れて11歳でジャニーズの世界に飛び込んだこたきくんの今までをわたしは知らないけれど、少しずつ知っていきたい。今のこたきくんを創り上げた今までの「小瀧望」を知ったらきっともっともっと好きになる。今言えることは、たくさんの人に愛を注がれてすくすくとまっすぐ育ったことがわかる人柄、愛されるために産まれてきたかのような天性の末っ子力と、ラジオで切れ散らかしてお兄ちゃんたちに笑われちゃうような可愛さが本当に好き。かと思えば、俺Sやと思うでって言ったり。こたきくんは好きな人にこんなこと言ってほしいなぁっていう自分の中の夢女の夢を全部叶えてくれるから困ったな(困ったな)





とにかくこたきくんもこたきくんの周りにも笑顔が溢れていてほしい。わたしは掛け持ちだからこんなことを言える立場ではないのかもしれないけれど、ジャニーズWESTが目指す形でてっぺんを掴んでほしい。そう思った。もちろんKing & Princeにも同じように思う。彼らの王国はいつも幸せな優しい世界であってほしい。それぞれが描く未来を追いかける姿をわたしは見ていたいと思ったから「担当」を増やす決意をした。






こたきくんが21歳っていうことに毎回驚きながら、年を重ねて更にかっこよくなるんだろうなと楽しみになります。今とこれからのこたきくんを応援させてください。今までのこたきくんのこと学ばせてください。ジャニーズになってくれてありがとう。ジャニーズWESTになってくれてありがとう。これからよろしくお願いします。








Pay-easyからちょうど1ヶ月経ったのと、質問箱で掛け持ちしてますか?って言われてカミングアウトしたので備忘録的に書きました。



自分でフラグ立ててるのおもしろすぎる。
無事にフラグ回収しました。




悩んでるなら進んだ方がいいって背中を押してくれたみんな、本当にありがとう〜!!!ハッピーオタクライフ!

どうか迷わず離さないで過去も未来も委ねて

『King & Prince デビューおめでとう。』



この言葉を心から嬉しいと思って言える日はもう少し先かもしれないと感じていた。だけど自分でもびっくりするくらいに6人の未来が楽しみで、PrinceもKingもキンプリも好きだ。本当におめでとう。そう思えるようになった気持ちの変化を残しておこうと思う。




デビュー発表の2018年1月17日は、運命なのか会いたいと言っていた大好きなみんなと会える日だったのだ。
手を握りあって嬉しいねって言ったあの「嬉しい」は本当の気持ちで嘘なんて無くてPrinceが3人がこれからも一緒なんだってそれだけで嬉しかった。




泣いては笑って、笑っては泣いて、あんな気持ちひとりじゃ絶対に抱え切れなかったからみんなと一緒にいるときで本当に良かった。ありがとう。みんな大好きだよ。




液晶画面とにらめっこしてもいまいち実感が湧かなかった「岸くんがデビューする」という事実。
電話越しに「おめでとう。よかったね、本当にわたしまで嬉しいよ。岸くんいつ辞めちゃうんだろうって思ったときあったから」と言われて、この日を迎えられたことが当たり前じゃないんだ、ここがスタートラインでもあるんだなって思ったら急に涙が止まらなくて。岸くんが歩んできたジャニーズJrとしての道のりはきっと平坦ではなかったと思う。やめたいと思ったこともあったかもしれない。それは本人にしかわからないことだけれど、ここまで頑張ってきてくれた岸くんの中間地点でありスタートライン。その瞬間をファンとして迎えられたことがどれだけ幸せなことか、これから何十年経っても忘れたくない。




たくさんの人に支えられて励まされて、先輩たちの背中を見て、もがきながら成長して、今の岸くんが存在してくれている。22歳の男の子がジャニーズJrという明日がわからない立場でいることにどれだけの不安を感じていたのだろうか。それでもジャニーズとして一生アイドルとして生きていくと言ってくれた岸くん。わたしはその約9分の1しか知らない。でも岸くんの存在を知ることが出来て毎日岸くん好きだ〜!!!と思って生きている今が本当に楽しくて、岸くんのおかげで出会えたお友達が本当に好きでずっと嬉しい楽しい大好きって幸せなんだよ。岸くんにこの言葉が届く日がくるとは思っていないけれど、きっと俺なんかなんもしてないっす!って言うんだろうなぁって。そういうところも大好きなところ。




好きになったのはPrinceの中にいる優しい岸くんだった。ずっと仲良しの男友達みたいなWゆうた、仲良し兄妹みたいにずっと離れなかったきしいわ、離れそうになりながらも必死に運命を繋ぎとめたじぐいわ。
3人のつくる世界観、醸し出す空気。溢れる幸せと優しさのオーラ。みんながみんなのことを大好きで一緒にいることを楽しんでいる姿。あれはきっと3人にしかつくれないもの。

わたしがそう感じていたようにKing担はKingの3人の世界が好きなのかもしれないし、キンプリ6人を好きなひともいると思う。色んな好きのカタチがある。頭でわかってはいても、Princeのこと大好きになりすぎていたからデビュー発表からの数日間は珍しく寂しさでいっぱいだった。




『オレの居場所はPrinceで、ほかのグループにいる自分は考えられない』




岸くんがはっきりとこう言ったことに驚いて、嬉しくて、このテキストを読んだときの衝撃は言葉にできないものだった。
これは一個人の勝手な印象に過ぎないけれど、岸くんは誰といても良いところを見つけて上手に付き合っていける人だと思う。だから誰かにこだわることはあまりないのではと感じていた。それが強みでもあり、ときには脆さになったりするんじゃないかと。そんな岸くんがはっきりとPrinceが自分の居場所だと言ってくれたことが本当に嬉しくて、岸くんの隣には神宮寺くんと岩橋くんがいてほしくてPrinceがずっと続いていく未来を願ってやまなくて。それがぼんやりと見えていた気がした。3人が3人にこだわってくれること、それを望んでもいいんだと思えること。





『僕たち3人が描いた未来 僕らとファンのみんなで一歩ずつ歩いて行こう。あの日3人で誓った夢。今ここから始まる』





3人でこれからも頑張っていきたいとこのメンバーで大きなグループになりたいと伝えてくれたあの夏。そして本当にここから始まった。
ファーストフォトブックのPrincePrincePrince、初めての単独公演MyPrincessYourPrince。 そして、Princeとして最後のオリジナル曲You are my Princess。






なんて素敵なグループなんだろう。こんなにも他者愛に満ちた子たちが集まることってあるんだろうか、そう思わずにはいられなかった。みんながみんなを思って良いバランスを保とうとしている。言いたいことを言い合えるだけじゃない優しさだったり愛を感じて。Princeを好きになれてよかったと、好きでいるだけで幸せをもらいすぎて心配になるくらい。なんの力もないしなにか出来るわけでもないのにみんなの笑顔を守りたいなんて思ってしまう。





デビューしていなくても、Jrであっても、写真集だって出せる。単独公演だって出来る。地上波に出ることだって出来てドラマの主演も、映画の主演だって張れる。それ以外のお仕事だってちゃんと休めているのか心配になるほどあるだろう。

そんな状況であっても彼らは賭けに、出た。






『デビューは夢にしたくない。今すぐにでも叶えたい』






みんなはどんなカタチでそれを望んでいたんだろう。


Kingのことは好きだし、キンプリも好き。ただ「Prince」のことを大好きになり過ぎて大切になり過ぎていたから、寂しさが上回ってしまっていた。どんなに頭で嬉しいことなんだって考えたって寂しさが消えなくて、切なくてどうしても寂しかった。あの夏に戻れなくてもまた3人に会える夏が来るんだって信じていたから。





嬉しいのに手放しに喜べない自分がなにより嫌で、グチャグチャした気持ちのままある日を迎えた。






平野紫耀くんが産まれた日。






平野くん担の方があげてる動画を見させていただいて、本当にごめんなさいと涙が止まらなかった。素直に喜べなくてごめんね、すぐに受け止められなくてごめん。本当にごめんって申し訳なさでいっぱいになった。






平野くんはきっと自分がトップである自覚を持って常に最前線を走り続ける覚悟で生きてきたんだろうなぁ。真正面から突き付けられる厳しさも、大き過ぎる期待も「器用にこなせる」の一言で片付けられてしまうことだってある。それなのに容赦なく浴びせられる厳しい言葉だってきっとあったはずで、それでも強くみんなを引っ張ってきてくれた。平野くんがいなければ出来なかったこと叶わなかったこと、たくさんあると思う。本当にありがとう。





PrincessがPrinceを大切に愛していたように、King担はKingを大切に愛していたと思うし、もしかしたらもっと複雑な思いを抱えたひともいるのかもしれない。いろんなものを全部背負う覚悟なんだろう






『僕が主犯』






だからそんな表現をしたんだろうな。だけどこれからはどうかそんな生き方をしないで。みんなで、6人で助け合ってデカイ夢追いかけて上を目指してほしい。
FC発足の動画を見て、あぁ6人揃うとこんなにも強いんだ、こんなにもわくわくするんだ。なんであんなに悩んでいたんだろうって思った。なんでみんなが決めたことをすぐに受け止めてあげられなかったんだろうって反省した。






平野紫耀くん、永瀬廉くん、髙橋海人くん。
まだ知らないことばかりだけどこれからは同じグループの仲間として応援できることがとても楽しみです。少しずつみんなのことを知ってどんどん好きになっていくんだろうなってわくわくが止まりません。






岸優太くん、岩橋玄樹くん、神宮寺勇太くん。
Princeでいてくれてありがとう。いつもたくさんの幸せをありがとう。Prince担として過ごした時間は人生でいちばん楽しかったし幸せで「好き」が持つパワーの凄さに驚かされてばかりでした。Princeに出会っていなかったら人生こんなに楽しくなってなかったしこんなにいろんなことにやる気出せなかったよ!!!これからはKing & Princeの3人を今までとかわらず、それ以上に応援していきます。







6人が同じ時代に生まれてきてくれたこと、ジャニーズ事務所に入ってくれたこと、ここまで頑張ってきてくれたこと、一度離れてしまった6人が全員の力でデビューを掴んだこと。奇跡だなんて二文字では片付けられないことだけど、運命を自分たちの力で引き寄せて繋ぎ、手に入れた未来への切符。それは奇跡が重なった必然だったのかなと思う。





これからがきっと、本当の勝負。






メディアに出ることが増えれば心無い言葉を浴びることも目にすることも増えると思う。ハタチそこそこの男の子たちが背負うものは、あまりに大きくて重すぎるんじゃないかと勝手に心配してしまうけれど、きっと彼らはなにがあっても笑顔で、キラキラと輝きを身に纏い圧倒的な存在感でファンの前に現れる。辛いことがあっても悔しいことがあってもいつでも「アイドル」でいてくれるだろう。





だから常にありがとうと好きを発信していきたい。この時代、良くも悪くも一個人の言葉が目に留まることがあるのならそれはネガティブな言葉ではなくポジティブな言葉であってほしいから。





どうか6人全員がいつも幸せを感じてたくさんの人に愛されて優しい空間にいて欲しい。なによりも6人で生きていくことを選んでくれたみんながみんなを大切に大好きでいてほしい。

Princeのふんわりとした優しい煌めきと、Kingの圧倒的な強さを纏った耀き、交わればきっとひとつの時代すらも動かせると信じています。きっと、ずっとずっと伝説のように語り継がれるグループになる。







俺に足りないモノがお前にある
気づいたとき 運命の扉が音を立てた
誰の為でもなく自分のために そう最初はね
戦う理由を見つけたんだ
こんなところで終われない
勝利を手にしたときにすべてが宝物になる
一緒に行こうぜ ここから







どうか迷わず離さないで 過去も未来も委ねて








『King & Princeデビューおめでとう』

岸くんは可愛いかっこいいの天才

完全自己満で色んな髪型の岸くんをひたすら愛でるだけの話です。

岸くんが何をしても「可愛い…岸くんならなんでもいいよ。好きなようにしていいんだよ〜どんな岸くんも好きだよ」というスタンスだから全部好きだし、夏の風物詩である刈り上げすぎちゃった岸くんもカッコイイ…!!!ってなります。岸くんはどんな髪型だろうと最高にかっこよくて可愛いくて愛すべき存在なのです!知ってる!!!岸くんに甘すぎってよく言われるけど仕方なくない?だってなにしても可愛いんだ。




ほらァァ可愛い天才本当に可愛い無理





おっと失礼致しました本題に入ります。
みんな大好き奏多くんトイくんなど役の髪型は割愛させていただきます。

どんな髪型も岸くんは岸くんで本当にかっこいいな?
ここまで書いてもうこの先が心配なのはわたしだけではないはず。






■短髪前髪なし

この岸くんを見たときの衝撃は本当に凄かった。理想が詰め込まれている!!!!この髪型本当に好き!程よいチャラさのなかに岸くんにしか出せない絶滅危惧種的に良い子のオーラを織り交ぜて、しっかりセットされてるのにやり過ぎてなくて刈り上げ方からもみあげの見え方まで最高!!!!少し上がりめに整えられた眉毛を髪色に合わせて変えてるところも含めて全力で好き。1.2を争う好きなビジュアルです。「岸くんホンマにカッコええで!!!その髪色ホンマ似合ってる!カッコええなぁ岸くん…ホn」目を細めてる岸くんめちゃくちゃにかっこよくないです?細目岸くんコレクションある。


言われたい台詞
「俺のこと好きっすよね?」





■黒髪短髪

THE好青年!!親に紹介したい彼氏感ナンバーワン!!学生時代はスポーツに打ち込み、先輩への礼儀礼節を重んじて可愛がられる後輩感を存分に発揮しつつ後輩女子の間では隠れファンが溢れていそうだし先輩女子から呼び出されては誘惑されていそう。気を付けて!!!岸くんの可愛いらしくてかっこいい超絶小顔はなんの飾りがなくても勝負出来る!と証明される髪型。岸くん本当にかっこいい。


言われたい台詞
「ボクにしません?」





■前髪長めアシメ

短髪とのギャップで耳がキーン!ってなる儚さ満点の可愛い岸くん。こんなに可愛い男の子にお願いされたらなんでもしてあげたいし母性本能が爆発する。基本は「彼氏にしたい好青年」な岸くんだけど、この岸くんは飼いたい…養いたい!肌寒くなってきた冬に外でフラフラしてるところを拾ってきて毛布にくるまった岸くんにマグカップを持たせたい。とにかく可愛い…天使。少年収で岸くんの髪の毛が伸びてアシメ風と聞いてザワついています。


言われたい台詞
「なぁんでぇ?ダメ?」





■短髪前髪あり

これはもうリア恋ホイホイ!夏の夜、Tシャツ短パンで原付に乗ってコンビニに来た岸くんを見て恋に落ちたいしかない。街によくいるチャラそうな兄ちゃんの髪型って感じなのに岸くんだと唯一無二感が出るのは岸くんの力だよ!!!ただ、岸くんは岩本くんみたいにタッパがあるバキバキボディになって海を歩いてオネエサンに声を掛けられたい健全な22歳男性 なので本当に頭を抱える。


言われたい台詞
「おねーさんうち来ます?」





■黒髪サラスト

黒髪サラスト担は一定数いると思う。だってこの世に生を受けたままの岸くんの姿ですよ!?(?)黒髪サラストでジャージのファスナー全部しめてる岸くん最強に好きだからガムシャラ様々です。サラサラノーセットの髪の毛を誰もが認める世界遺産級に美しい手でかきあげる仕草は本当に色気ダダ漏れ…。指先まで美しいのはもちろんのこと髪質まで綺麗な岸くん…本当に美は細部に宿る!(CV:青木源太)


言われたい台詞
「ボクの苗字受け取ってくれませんか」





■9:1

もう一度やって欲しい髪型アンケートがあったら間違いなくこれに入れる。どこが良いのか聞かれるとうまいこと言えないけど、とにかくこの岸くん本当に好きでどうにもこうにも好き。これで少年隊メドレーされたら膝から崩れ落ちます…少年隊メドレー最高でした。


言われたい台詞
「ハァ!?」





■番外編 被り物岸くん

岸くんのスペシャルキュートサイズな頭に被り物があるとより一層可愛い。あとこれだけは言いたいけど袴にたすき掛けしてハチマキをしてる岸くんのかっこよさは全世界共通レベル案件なのに公式写真にしなかったのはどう考えてもおかしい…!岸くんのハチマキになりたい。





テンション上がってきたから髪型以外も話していいっすか?だいっすか?いきやす!






■岸くんのお口

このむにむになお口可愛すぎませんか…!!!中央から端まで厚みがあるぽてっとした唇…~ふわふわぽってり♡キスしたくなるリップ~というキャッチフレーズをつけてリップのCMができそうなくらい綺麗なのに半開きになりがちなところが可愛いしセキシー。無意識にあらゆるところから色気放出してるから罪深い。

めちゃくちゃマニアックなこと言うと印付いてるところのくっついてる部分がすごい好き。気持ち悪いっすねサッセン。でも本当に好き!!!!このむにつや感を出すために色んなリップ試してるしリップスクラブにまで手を出しました。

マニアック繋がりで岸くんのピンクな下まぶた本当に推してるからそれについてもそのうち書きたい。うさぎ目な岸くんめちゃくちゃ可愛い!!!(可愛いしか言ってない)




■岸くんの眉毛

そのままのショタ岸くんのしっかり眉毛も可愛いくて可愛いくて愛しいし、気合入れて細くしすぎちゃってるのも自分で良い感じだと思ってるチャラめの上がり眉毛も髪色に合わせて色をかえるところも、ちゃんと気にかけてるところが本当に愛しい。眉毛は印象を左右する大切なところだと思うから岸くんのそういうところ大好き。








結論、どんな岸くんも好きだし岸くんが良いと思うようにしてくれたらいい。存在してくれてるだけでファンサだから!!!岸くん気にしいだから色々言われると気にしちゃうかもしれないけど筋トレもしていいんだよ!!!と声を大にして言いたい。神宮寺くんと岩橋くんを見守りながらきっと誰よりもじぐいわハニーで2人も岸くんのことが大好きで、そんな3人が大好きです!!「じぐいわと、俺。」として、ときには絶妙なスパイスとなり大事なところではメインになって引っ張る愛され最年長の岸くん。みんなに愛されてどんなときも優しくて幸せな空間にいてほしい。




ファンが願う以上の嬉しい!をくれるPrinceちゃん。
あの日誓った3人の夢が叶う瞬間を、描いた未来に辿り着くところをこの目で見たいと切実に願ってやみません。

いつもたくさんの幸せと、笑顔をありがとう!




中島健人様に頭が上がらない話

サマパラも近づいてきたので岸くんこじらせ芸人目線の#Honey♡Butterflyの感想を。





■OVERTURE

ケンティーはエンターテインメントの天才だと確信。
登場前からめっちゃ楽しいしワクワク…!あぁぁぁぁ岸くん…梶くんんんんんん!!!!!!
制服の下にパーカーを着るというどこぞの少女漫画というスタイルをバッチリ決めて二次元もびっくりな可愛い小顔をきゅるきゅるさせて健人くんとハイタッチ!可愛い。モルフォケンティーをステージに送り出すときの岸くんのキラキラした表情と美しい手でもう泣きそうになる。


■Teleportation

「俺を見ろハニー」

見ます…ってなって静かに見始めたら岸くんが白い衣装に青い羽を纏って登場。この衣装は岸くんのためにあると言っても過言ではない。純粋な岸くんに似合う白衣装に爽やかな青い羽でキレキレに踊る岸くんは本当にかっこいい。


■PARTY DON'STOP

岸くんがジャケットなびかせます。マジかっこいい。ケンティーとの絡みもイケイケ(語彙力)


■Hey!!SummerHoney

「新曲をプレゼントします!」

新曲を「披露します」ではなく「プレゼントします」
というところに中島健人という人間の素晴らしさを感じた。『ほかの人と比べて装飾品が少ない』と言う岸くんが特別な衣装を着て羽を背負って踊るだけでまた泣きそう。

サマハニバックのJrたちは本当に本当に楽しそうで
自分もJrになりたい、という気持ちが溢れる。


■MC&コント

「皆さん甘い恋してますカッッ」

もちろん、相手は自分と認識した上でのこの一言。

「オーケー、後で付き合ってやるよ」

もう、両思いですね?
全国のケンティーガールおめでとうございます。

コントはもうなんかずっと可愛いしか言えない。白王子でもなく黒王子でもなく梶君派のわたしにはたまりませんでした。「みなさんこにちは〜」って「こにちは〜」って…こんにちはじゃなくてこにちは!!!!「俺もコールしてもいいっすか!?」「へぇっ!?」ずっと可愛い。

ケンティーの「優太」が本当に好き。


■Make my day

歌詞をちゃんと聞くとトンチキなのに中毒性があって、聴けば聴くほど楽しくなってくるから不思議。なにより一緒にタオルを回したい。

「俺を好きになれ」
「好き。」


BADBOYS

歌い出しの岸くんが男!って感じで本当に好きしかないしこのときの衣装が岸くんのスタイルをとてもよく魅せてくれていて最高にかっこ良くてゴールドの衣装すごく似合う。
元太くんの「いえぃいぇいえぇ〜!」も良い!風磨くんvoiceに飼い慣らされてるけど新鮮でこれまた良き。


■君にHITOMEBORE

これ!!!!ほんっっっっとうに一番好きかもしれない。BADBOYSから君にHITOMEBOREの立ち位置まで移動する仕事人感と曲始まりにバシッと決める岸くん。

膝がしっかりロックされてるところ、つま先まで意識されてポイントになってるところ、岸くんの丁寧な動きがとても魅力的だし香水をつける振りのところはもう本当に…抱いてください…


■Mr.Jealousy

岸くんのネックレス…!!!!歓喜!!!シルバーアクセをつけて黒衣装を着てどチャラい雰囲気でジェラシーする岸くん…。中島健人様に足を向けて寝られません。


■Touch
■Love風

モルフォケンティーの美しい高音が生かされていて聞き入る。本当に歌が上手で声量がすごい。純粋にアイドルということを忘れて歌唱力にここで改めて感動するしSexy歌上手いZoneを引っ張るケンティーは流石。


■PrincePrincess

言わずと知れた名曲!!!ルマンド白バージョン衣装が本当に王子様。

「踊るように歩く癖が」で足をトントンするところ「笑顔見せて」でほっぺを触ってニコッてするところ。終始優しく柔らかく包み込むように歌い上げる岸くんは国をあげて守るべき存在。

いつもは岩橋くんが愛くるしく歌う「みんなこの星のPrincePrincess」のパートを岸くんが歌うわけだけど「この」の言い方がめちゃくちゃどちゃくそにとにかく好きなので読んでくれてるひとがいたら注目して聞いてほしい。

https://twitter.com/pi___3_ppp/status/877551795005931520

PrincepPrincessについてだけでも書きたいくらい。


■Bonnie Butterfly

滑らかな英語詞を歌い上げ一瞬だけ儚くバタフライになり、モルフォケンティーと並び「悪い遊びを教えてあげるよ」と岸くんの甘い声で上目遣いでこれを歌うんですよ…やっばくね!?!?!?!?(語彙力消失)

「Find my mind」の息の抜き方がはちゃめちゃに好き。完全に落としに来てるから聞いて落ちてほしい。

https://twitter.com/pi___3_ppp/status/878555357185925121


■Miss Mysterious

ステッキ×黒ベスト×タイ(赤)この衣装大好き!!!もう、みんなかっこいい。岸くんが真剣な眼差しでステッキ扱うのを見てるとステッキになりたい以外の感情を失うけど岸くんに掴まれたら壊れるからわたしは星屑になりたい…


■マワレミラクル

青衣装岸くんんんんんん!!!岸くんって青似合いますよね。ハニバタは全体的に爽やかブルーな印象で岸くんに本当に合ってる。


■Forever L

「ピリオドのない愛を描いていこう」

最後の曲で永遠の愛を誓ってくれるモルフォケンティー

「俺を見ろハニー」からここまでが中島健人とハニーのデートだとしたらケンティーから目を離す瞬間なんてないし別れ際に永遠の愛を誓う中島健人強すぎる。

ケンティーのファンは本当に幸せなんだろうなと思います。


■CANDY ~Can U be my BABY~

個人的にとても思い入れのある一曲でこれ嫌いな人いなくない?って思ってる。

この曲中にJrたちがファンサしに行ってるんだけど岸くんファンのタオルで汗を拭いていて自分だったら膝から崩れ落ちてるし多分帰り道ずっと泣いてる。

アンコールの岸くんもキラッキラな衣装で、紫なのはケンティーが選んでくれたのかなって思うと胸がキュッとなる。岸くんはPrinceなんだって。完全に個人的な勝手な解釈だけど。


■Hey!!!SummerHoney

これはJr担の皆様仰ってると思うけど、バックのJrがキラッキラに輝いていて楽しそうで衣装だってすごく気合い入ってるのに衣装負けしない輝きでわたしもJrになってバックにつきたい。


もはや、バックではなく「共演者」
そんな雰囲気だから本当に幸せそう。


ここで松松シンメが超絶可愛い絡みする。わたしは松松合わせて金髪にしてきたんだと思うんだけどそうだったら可愛すぎないか。


■Jr紹介

たくさんいるJrのなかでセンターに立ち、「Princeから岸優太!」って紹介される岸くん。もう、感無量です。

中島健人様ありがとう。
映像に残ることが少ないであろうJr時代のパフォーマンスをこんなにも手厚く映像に残してくれてありがとう。

岸くんが紹介されて投げチューするかと思いきや焦らして「しないんかい!」って言われた後に控えめなやつしてくれるんだけど、そのあとのケンティーの反応がオタクの反応すぎて面白い。







本当に岸優太という深い沼にはまってるので
このディスクは家宝にしたいレベルで最高。

岸くんはミュージカルやりたいって言ったり舞台の見学に行ったりとかしてて、きっと演技のお仕事したいんだろうなって思ってるから今年の七夕は「岸くんに演技のお仕事がきますように。」で決まりです。







もがきながらも未来を見てる
彼らに幸あれ。





ここまで読んでくれた方ありがとうございました。

Sexy Thank You !